ずーっと元気で幸せに生きるために。

アクセスカウンタ

zoom RSS 飢えと寒さ

<<   作成日時 : 2012/03/17 15:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

どうやら、飢えと寒さという刺激が人間の体には程々に必要なようです。

脳の海馬と呼ばれる部分でシナプス細胞が新たに作られることが最近の研究でわかってきたようです。
しかし、このシナプス細胞を作るにはどうやら条件があるようで、それが「飢えと寒さ」だそうです。
人間には生命力を活性化させる不思議なパワーがあるということですね。

以前、何かの本にも寒さの刺激が不妊治療に効果的と書いてありました。
確か、かなりの寒さにさらすのだったと思います。

本来、人間は飢えと寒さから身を守るために少し食べてもすぐに脂肪が付くような体に進化してきたと言われています。
脂肪には「皮下脂肪」と「内臓脂肪」があり、女性は妊娠するので「皮下脂肪型」、男性は「内臓脂肪型」です。
閉経後は女性も内臓脂肪型に変わっていくようです。

さて、どちらの脂肪にせよこの脂肪を減らすためにはどうしたらいいのかと言うと、飢えと寒さにさらすことが一番のようです。

何ともダイエットの現状は厳しいものですね。
だから、今まで巷では、掃いて捨てるほどのダイエットの情報がいつも溢れているのでしょう。
「楽して痩せたい」この人間の願いを叶える事が果たしてできるのか・・・。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 川村さん、お久しぶりです。今年の弘前は例年の2倍以上という積雪ですが、体育館練習でここまで乗り切ってきました。今年は新しいメニューも試しており、4月のレースでどう出るか楽しみにしています。
 さて楽して痩せるという考え。生理学や生化学を教えている立場から言っても、短期では可能でも長期にわたってというのは難しいものです。やはり肥満より飢餓の方が生命の維持には問題なので、敢えて太りやすくしておけば餓死だけは防げるというメカニズムになっているようです。糖類を取りすぎると脂肪に変わるというのもその1つですね。
よう
2012/03/18 22:04
ようさん、お久しぶりです。
積雪の多い中でも冬季練習は順調に進んでいるようですね。
今年は、ようさんのように体脂肪率5%切りとは行かないまでも、15%を切って風のように走ってみたいです。
遥か彼方の夢と散らないようにゆっくり頑張ってみます。
また一緒に練習しましょう!
川村
2012/03/19 02:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
飢えと寒さ ずーっと元気で幸せに生きるために。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる